◆カレンダー

◆最新記事

◆最新コメント

◆Bep@Twitter

◆リンク

◆AdminMode

◆カウンター

Beplocks @ Playメモ

あいつがプレイしたゲームの軌跡

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --

 

【dota2】ケースバイケース

2014.02.12/Wed/13:23:17


先々日、DOTABUFFのサイトでプレミアアカウントにアップグレードをした。

DOTABUFFのプレミアでしか見れない情報の一つに、各HEROのプレイヤーランキング

というものがあり、私はPhoenixのランキングをチェックしたかったのだ。

この辺、LOLのが無料で見れる情報量が多いのにDotaだけ極端に絞られてるのは

糞Valveのせいなのでしょうかね。

LoLNexus?だっけ。ああいうの無いのかな・・・。


話がそれた。


まずランキングページで見たかったのが上位陣の使用回数とか、アイテムビルド。

あとは気になったマッチングIDをピックしてゲーム内でリプレイを見た。


で、チェックしていて思ったのが上位陣のプレイヤーのチームメンツ。

大体のプレイヤーがPTで固まっていて、かつPT内でのサポアイテムの役割も決まってる事。

例えば上位陣のPhoenixってmeka買わない傾向が強いんですよ。

他の人が買ったり、むしろ買わなかったりという内容ばかりで、VeilOfDiscordを

積んでいたり、割と早い段階でShivaを積んでいたりしている。

こういうビルドである理由の一つがPTで組んでる人たちがEarlyゲーム構成でHeroを

Pickしており、Skillダメが強い時間帯でGank+Pushしまくり、一気にtwを割って資金

を得て、少し高めのアイテムを買ってggという作戦だからだと思うのだけど・・・。

とにかく、自分が見たかった情報と食い違っていて少し残念だったよ。

自分がやってる中でShiva買った回数って使用回数の半分も無くて、買ったとしてもlate。

ランキングの人たちほぼ毎回Shiva積んでるんだけど、私はそんな頻度で積めれるような

ゲームメイキングは今まで出来なかった。

コレがソロとPTとの違いっていうのならいいのだけど、ソロでも毎回Shiva積みするのが

上位陣でも当たり前だとすると、私はプレイングを見直さなければならない。

実際Shivaの素材である2700Gの杖さえ買ってしまえば、完成まで辛くはないのだけど。

自分の場合、緑靴⇒(wand)⇒meka⇒その時による+wardやsentryという流れが基本で、

とてもじゃないけどShivaの購入なんてあまり選択肢に入れられない。

"その時による"の部分はpipeやEul'sとか、大体この枠でも5000台のアイテムを積むって

気にならないゲーム展開のが多い。

あとは2700Gの杖を買った後、Eul'sにしとけばよかったと思う展開も何度か会ったりで、

Shivaを積もうという意識があまりない。

この辺の思考がもしかすると上位陣との違いであり、もっと流れるようなゲームメイクを

Phoenixが強い時間帯でやらなくてはいけないのであるとすると、私はDota2なんかを

必至でプレイするよりTOEICで650点くらいを取れるような英語の勉強をした方が

レーティングも簡単に上がるのかもしれない。

ちなみに私は英検3級はもってた記憶があります。

ECCジュニアやってました。

今思えばあんなの何の役にも立たない内容でした。先生はやさしい人でしたけど。

やっぱりソロは辛いんですかね。

上位陣みんなPTで勝率稼ぎまくってるんだってのが分かった途端になんとも言えない

気力低下が。

そりゃ意味不明な構成が一切ないゲームばかり出来れば5割以上勝てますわな。

当たり前ですよね。

俺が本当に見たいのはソロオンリーの勝率55~60%のPhoenixマスター。

たぶんあのページ内にいるとは思うけど、探すよりも先に萎えた。

早く真のソロマッチングシステムを実装してくれVolvo。




おしり
カテゴリ: Dota2

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://beplocks.blog56.fc2.com/tb.php/1425-3f461068
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。