◆カレンダー

◆最新記事

◆最新コメント

◆Bep@Twitter

◆リンク

◆AdminMode

◆カウンター

Beplocks @ Playメモ

あいつがプレイしたゲームの軌跡

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --

 

【dota2】Rankedマッチングシステム

2014.01.21/Tue/11:54:31

Dota2のRankedマッチングシステム。


Valveのマッチングシステムって、極端に説明すると、マッチングされた両チームの

勝率を限りなくイーブンにしようとするのですよ。

つまりマッチングにキューを入れた無数のプレイヤーから10人選出する際、

過去の戦歴データを元に、組まれたチームはどちらも勝つ確率50%、負ける確率50%に

なるようにバランシングされ、ゲームが開始される。



今現在、私の勝率ってほぼ50%くらいなんですよ。

300戦くらい勝ってて、300戦くらい負けてる。

つまり私はValveシステムによっていい具合に勝率を調整されてるいい例だ。

そんな私の今のRankedマッチレート、3300前後。

スタートは3190くらいだったか。

年始から全然変わっていない。

勝ちこして3400超えそうって所で負け、負け越して3200切りそうって所で勝つ。

何度やっても3400を超える気配がない。

逆に何度やっても3200切る気配もない。(一時は切ったけど)

※ちなみに勝っても負けてもレートの上下幅は25くらいです。同じ幅ね。


で、私思ったんですよ。

コレってどんなに頑張っても凡人じゃレート上げ続けるのって無理じゃないのって。


だってマッチングシステムは勝率50%に抑えようとして組ませてるわけですよ。

600戦してる私、現在の勝率50%、そんな私がレート上げるのって無理じゃないの。

例えば。

私がある日、運よく10回連勝して勝率が51%だが52%になったとしても、その日以降

からは勝率が50%に戻されるようにマッチングされるわけですよ。

+250のレートも-250されるようにマッチングされる。

連勝した分の帳尻を合わせようとされ、よーわからん4人PTのレイプゲーに組まされ

たり、プラチナ意味わからんラストピックするメンバーがチームに混ざったりして負ける。


てかもっと突っ込みたい所で言うと、私のレートって「Solo ranked match rate」って

呼ばれてるのに、いざマッチングされるとチーム組んでる人と組まされるのね。

どこがSolo ranked matchやねん。

4人PT+Solo1とか相手チームの時くらい、Soloの奴は勝った時のレート幅倍にしろと。


話がそれたが、つまり何が言いたいかというと、今のRankedマッチは聖なる糞って事。


このマッチングで得する層ってかなり上位のプレイヤー層だけでしょ。切磋琢磨的な。

俺みたいなRiven厨崩れのような凡人じゃこの先もレート3300をうろつくだけである。

レート3300スパイラル。

上げようとして努力しても無駄。だってシステムがそれを阻害するのだから。

ブログには書かなかったけど、レート4000とかいきてぇなぁって思ってたんだよ。

しかし、よーーーく考えてみればスタートのレートから4000って絶対無理っしょ。

だってシステムがそれを阻害するのだから。

レート上げるって事はVavleが培ってきたデータを元に作り上げた糞システムに勝ち

続けなければならんちゅーことでもある。無理やで。

ましてや600戦も糞システムのモルモットにされた私では不可能だ。

そう、Valveからすれば66万ものDota2プレイヤーは皆モルモット。マウス。モンキー。

Valveの糞システムを完成させるための実験体でしかないのだ。

私のDota2プレイ時間、教えてあげましょう。

770時間くらい。

実に770時間もモルモットにされていたのですよ私は。

訴訟もんですよ。

人権侵害ですよ。

訴えたら勝てるんじゃないの。

アンクルサム共は好きでしょこういうの。

770時間も経て、ようやく私はこの糞Vavleシステムの仕組みを理解し、モルモットから

解放された。

あれだ、映画マトリックスのあれだよ。夢から覚めた的な。

もしかすると、Dota2上達のコツはこの真理に到達し、モルモット呪縛から解放される事が

第1歩ではないのだろうか。

そうだ、きっとそうに違いない。

私は今日この瞬間から、糞Valveシステムの忌まわしき人体実験生活から解放されたのだ。

新しい人生、すなわち新しいDota2ライフは今日この日からスタートする。

生きているって素晴らしい~とかいう曲名の知らない歌詞の一部が脳裏に浮かんだ所で、

今日からRankedマッチではなくPubでVeryHigh目指す事を目標にする私であった。



おしり
カテゴリ: Dota2

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://beplocks.blog56.fc2.com/tb.php/1421-3337602b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。