Beplocks @ Playメモ

あいつがプレイしたゲームの軌跡

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --

 

【dota2】連敗、そして・・・

2014.03.10/Mon/14:55:29

20140310103524.png

見事に連敗、敗戦が続いている。

言い訳をするならば、先週は忙しくてあまりDotaってられなかったので、

プチブランク的なそれまでの勝ちの流れと同じ状態でプレイできていなかった。


そんな戯言は置いといて。


ここ数日のマッチングの内容はマジでひどいものばかりだった。

自戒の為に貼っておくけど。

http://dotabuff.com/matches/552329740

見て下さいコレ。

imbaヒーローでレート4000台に踏み入れたクソプレイヤーが、本当の4000台に

見合うプレイヤーと対峙してしまうとどうなるのかを物語ったマッチング。

もうね。通用しないんだなと思い知らされました。

このゲームの後、マジでアンスコしようかなって迷いましたよ。

いっそアンスコしてしまった方が精神衛生上良かったかもしれんが。

その後の4連敗、nagaガー、味方ガー、チームバランスガーと愚痴っとりました。

けどもう分かってるんです。

通用しなくなってきたんです。

所詮、実装されたばかりのimbaヒーローで勝ち星を稼いだに過ぎない。

そんな楽してレート上げした罰、帳尻合わせが今まさに起こっているわけだ。

これに耐え、この環境に慣れていかないと4000台から転落する事になる。

しかし。

この状況はまさに、3000台で3100~3300をうろついてた頃と同じ。

どんなにプレイを重ねても、ある一定の幅のレートをうろつく負のスパイラル。

あの時、そんな状況を打破したのがまさにPhoenixだった。

PhoenixをPickし続け、勝ちに勝ちまくってかなりの短期間で4000台に入った。

そして何を調子こいたのか4500に行きたいなどとほざいてしまった。

マジで浅はかだった。

あの状況を打破したPhoenixを使っているのに今同じ状況に陥るという事は、

もう恐らくこれ以上レートを上げる事は私にはできない。

これ以上のレートに踏み入れる為には、それ相応の技術・知恵・Pickプールが

必要になってくるのだろう。

そんな血と汗と時間の結晶のようなもの、私は心得ていない。

OnlyOneHeroPicker、その上そのPickが実装したばかりのimbaヒーローだった

私には4000台なんて場違いなレートだったんだ。

本物の勝率を保持している人たちには太刀打ちできるわけないのだ。

実際分かる範囲でも組まれるメンバーがちょっとヤバい人ばかりになってきてる。

勝率52%越えも結構混ざってきてるし、中には60%越えもいたりしたし・・・。

もう駄目だ。

お終いだぁ。

BEPのDota2ライフはもう終わったのだ。

帳尻合わせのマッチングに根性なしの私は耐える事はできません。

罰を受け入れ、罪を背負い続けるマッチングなんて私には耐えられません。

そう、いっそ舌を噛んで死にます。


ぐっばいDota2。

短い夢をありがとう。










そしてこんにちはTESO。

君はもうすぐサービスインだったね。

今の私を癒せるのは剣と魔法が織りなすファンタジーRPGだけだ。

Rivenみたいなキャラ作ってキャッキャウフフしよう。

苦しい現実からは逃げるんだ。

忘れるんだ!

Dota2を!!

TESOよ!!!

早く私を癒してくれ!!

私を救ってくれ!!!






おしり

スポンサーサイト
カテゴリ: Dota2

 

【dota2】2014/03/06 マッチレポ

2014.03.07/Fri/13:04:01

昨日の敗戦
http://dotabuff.com/matches/550626049

■Radi
・Potm (top)
・Nyx (top)
・Alc (mid)
・Lich (btm)
・Spec (btm)

■Dire
・Riki (top)
・Rubick (top)
・Pug (mid)
・Phoenix (btm)
・ES (btm)

■ItemBuild
 Tq⇒Meka⇒Veil⇒Shiva⇒Hex⇒Travel(+ any Sentry & ward)

■Early
・BtmLane(担当)
 potmのソロTopでtri btmを警戒したけれどwardはpullに設置。
 レーニングではESが何度かスタン壁を決めてくれたが、Spec相手では簡単に逃げられ
 てしまい、あまりKILLを狙えなかった。
 Specのfarm妨害をあまり実行できていなかった手応え。

・MidLane
 はたから見た感じではvs Alcに苦戦していたように思えた。
 BtmRuneの取り合いでPugが襲われているのにヘルプに入り、KILLするつもりでいた
 のにUltリジェネのタフネスを削り切れずにKILLし損ねる。
 おまけにpotmのヘルプUltを逆に追い打ちに利用して私がAlcにKILLされる。

・TopLane
 Rubickがゲーム開始からラグすぎると何度もDCしていた影響か、劣性気味だった。
 Arrow+nyx stunで確殺される危険を考えるとfarmしずらいのも仕方ない。

・Itemはいつもの初手Tq。18分でMekaに行けたのでいつもより購入ペースは良かった。


■Mid
・相手のpotmがUltを多用する熟練者だったので、Sentryに資金を回し始める。
・集団戦では互いに正面から当らず、こちらはsmoke、相手はinvを多用していた。
・Gemの購入はrikiの事も考えて自重していた。
・potmのultを警戒するあまり、こちらも中々ペースが作れずにGankが空振る。
・alcとspecがこちらがもたついてる間にモリモリ育つ。
・Mekaの後、ESの相乗効果も考えてVeilを購入。相手のAlcとSpecの火力の伸びが
 辛かったので次にShivaを積みを始める。
 

■Late
・互いに集団戦の負け=戦況が大きく不利になるという状況でにらみ合いが続く。
・そんな事などお構いなしにspecがモリモリ育つ。(プッシュ)
・こちらの攻めに対して、相手はガン引きするという徹底した行動に苦戦する。
・そんな事などお構いなしにspecがモリモリ育つ。(プッシュ)
・ついにゲーム時間も1hを超えて超Lateゲームに突入。
・互いに集団で勝った負けたを繰り返していたが、最後はSpecのグローバル力に屈してgg。


■敗因・反省
・レーニング時のプレッシャーの与え方を見直し
 ⇒Lv3・Lv5・Lv6の2番によるハラスをどんな状況でも基本的に徹底する事。
  ⇒マナを余らせない事。相手のTango、Sleaveを少しでも削るべき。farm妨害然り。

・potmのult対策が未だに甘い。
 ⇒対策というか、potmのUltを起点とした戦略に対抗する有効手段が分からない。
  ⇒Shivaを買わずにSentryをばら撒くべきだったか。

・smoke⇒Gankの成功率
 ⇒こちらのSmokeGankする際の相手位置情報が少なすぎた。
  ⇒Wardを有効な場所(Jungleなど)に置くべきだった。

・specプッシュの対策
 ⇒なんというか、今回はこちらが相手の陣営手前まで攻め込んでいる時にspecはtopを
  一人でプッシュしている場面が多々あった。
  こういう場合、攻め入る前にspecをKILLしておけばいいのだが、何度かソロのspec
  を殺し損ねるシーンがあったから途中から無視し始めてしまった。
  ⇒ward・dewardをキチンとやってgankの成功率を高めるべきだった。
  ⇒specのプッシュは無視しては痛い目を見るという教訓。

・Itemの選別
 ⇒veilを購入した時間帯が早かったので、その時間帯からveilではなくNecronomicon
  を目指してinv対策をすれば良かったか。


くそびっちpotmいい加減ウザすぎ。

次会う時はボコボコにしてやるから覚悟しとけよなぁ~。




おしり
カテゴリ: Dota2

 

【dota2】2014/03/05 マッチレポ

2014.03.06/Thu/13:14:37


現在のSoloRating:4127 (だったかな)

今週は仕事が忙しくてあまりプレイ出来ていない。

というのも、今月で今の現場を撤退する事になったので、作業の詰め込みとか引継資料

とかもろもろ作業がてんこ盛りなのだ。

ちなみに4月(正確には3月の最終週くらい)からは自社勤務となる。

10時出社+徒歩15分のコンボによって、私は起床時間9時台でもOKという効果を得る。

強靭!無敵!!最強!!!


・・・


自社の作業も結構ハードっぽいんで、今より楽なのは起床時間くらいだけっぽいが。




そんなリアルな話は置いといて、昨日の敗戦のお話。

http://dotabuff.com/matches/549272511

■Radi
・Clock(top)
・Invo(mid)
・LC(btm)
・Necro(btm)
・Phoenix(btm)

■Dire
・Doom(top)
・SF(mid)
・Potm(btm)
・ES(btm)
・AA(btm)

■Early
・TOPを宣言したつもりだったが、Clockと後退してTribtmを担当。
・ESとAAが序盤からroamしまくったおかげでMidのInvo vs SFはSFに傾く。
・TOPとBTMの刺し合いはイーブン。
・potmのUltを警戒し出した辺りからsfとdoomのfarm速度が加速。

■Mid
・基本的にはDireのJungleに侵入、または視界を確保してGank。
・Doomを何度かGankしが大局的に見ればDireにとっては差ほど問題ない手応え。
・potmのss対策を怠った場面が目立ち、結果的に集団戦で負けがこみはじめる。
・しこたまfarm速度を加速させていたsfとdoomが集団戦の勝ちも含めてlvがおかしくなる。
・この辺からチームゴールドにかなりの差があると感付く。
・doomがアガニム+リフレッシャー。
・こちらのcarry枠lcはsfの成長速度に追いつけていない。
・防戦一方の展開が始まる。

■Late
・防戦一方の展開が続く。
・守り切れずに一気にRaxが割られてgg。


■敗因・反省
・btmに居座っていた時間が長かった。
 ⇒相手の2roamに比べ、potm相手にtriを続けていたレーン構成が微妙だった。
  ⇒clockと組んで私はtopに流行り行くべきだったか。
   ⇒その場合はbtmの2roam対策がまったくなくなる状況になるが。
   ⇒というかなぜstunerをピックしてと提案したのにnecroをpickしたし紫。

・Ultの使用頻度が少なかった。
 ⇒Ultを使うシーンがあまり無かったというべきか。
  ⇒direのどのレーンもsolo+2romaによる流動的な展開についていけていない。
   ⇒私個人としては2roamに対応した動きが全然足りていない。
    ⇒レート3000台ではあまり取られなかった動きなだけに経験値が足りない。
     ⇒過去にもこういうマッチングでくっそぼろ負けしていた事を思い出す。
    ⇒せめてMidのFBが取られた事からsf潰しに専念する考えをするべきだったか。

・potmのss対策で資金を吐き出しすぎた。
 ⇒sentry、dust、gemの購入とinv対策にお金を使いすぎた割に成果が得られなかった。
  ⇒転換率というか、ss対策をもっと的確に行うべきだった。
  ⇒おまけにdoomとsfのfamr速度に焦りを感じてsmoke連打もしていた。
   ⇒smokeの使い所も闇雲で使い方が下手であった。


総じて言える事は、高レート帯くらいで当たり前?になってくるroam戦法、

それにどう対応すればいいのかさっぱりわからない状況だった。

あとは2topでdoomを押しきってtopの支配率を広げれば、戦況も違っていたんじゃ

ないかなと思う。

結局チームゴールド差(doomとsfの稼ぎ)が中盤から大きく広がったのが痛かったわけ

だし、doomがアガニム+リフレもってた頃には勝負は決していた気がするし。

味方の構成や力量は突っ込まずに自分の反省点をまとめればこんなところか。

ここ1週間で一番「うわ~負けたぁ~」って思わされる1戦だったとさ。



おしり
カテゴリ: Dota2

 

【dota2】Next step up

2014.03.01/Sat/19:31:47

ついにSolo ratingが4000を越える事ができた。

20140301090025.png

長いようで・・・?

割りと短期間で行けることができた。

といっても、ratingがついた頃は3000~3300を相当ウロウロしていたけれど…。


一番最初のRating:3270

20140301090355.png



そこから立て続けにボコボコにされて3000台まで落ち込む。

で、この辺のレートに停滞し始めるが

20140301090421.png



Phoexni実装からはコレだけをPickし続け

20140301091510.png





それはもうひたすらピックし続け、勝率を50%以上をキープし続けた。

2014031191839.jpg



使用回数はMostPickへ。気に入っていたPAやLCも今では興味すら沸かない模様。

2014031192329.jpg




そんなわけで目標の4000を超えたけれど、この調子で4500くらいまで今後も

精進したいと思う。

あわよくば、DOTABUFFのPhoenixPlayerRankingのお尻くらいに載りたいね。

Nerfまだ来るなよ!!もう少しだけ楽しませてくれよな!!!




おしり
カテゴリ: Dota2

 

【dota2】連敗

2014.02.28/Fri/14:18:41

現在のSoloRating:3886

順調に勝ち上がってはいるけれど、3900台に入るのに少してこずっている。

土日には4000台手前には行っておきたいけれど、はてさて。



今日は連敗の話。

昨日、ここ1週間の戦歴では珍しい3連敗を引いてしまったので、ざっくりな感想を。


1敗目
http://dotabuff.com/matches/540311065

相手がちょっと各上だったかなとも思ったが、それ以前にbsのアイテムが酷かった。

このレートで当たる人でもこんなアイテムの積み方するのかと驚愕。

というかアイテムの積み方っていうかbsの稼ぎ方知らないだろお前っていう。

私でも知ってるぞ。

これがレート3800で混ざるbsです。魔境()



2敗目
http://dotabuff.com/matches/540334878

キル勝ちしていたのに負ける例。

ていうかnyxがダゴン持たずにDeso持って、私がダゴン持つっていう謎。

plの調子が中盤怪しかったのだが、それを気にしてnyxが無理やりこうなってしまった

のか、それともクソネタ思考に走っていたのか。リプレイ見ないとわからない。

plのfarm重視な割にpushの仕方が下手という場面もあった気がする。

私、nyx、lionの賞味期限の早いHero3人がいるのにlate思考のplがいた事が

大体の敗因か。1h game gg。



3敗目
http://dotabuff.com/matches/540372876

ハッキリ言う。paとsdがレベル低かった。

中の人の過去のデータも見たけれど、なぜこの試合でこんなfailしたのか疑問である。

paでmidasは個人的にありえない。Criダメが全てのHeroであるにも関わらず、貴重な

1slotを唯のASP+金策アイテムに消費するのは私は反対。

hardcarryでmidas積むのはレーニングでkill積まない限りは失敗するだけだし、

現に今回のレーニングでは目立ったkillを生んでいない。(fbとったか忘れたが)

完全にFailと言わざるおえない。

あとこのpaのptだったsd。

sdってHero事態、私はHeroの名前の如く、影の悪魔、つまり存在感0なHeroと思ってる。

このHeroが活躍する所なんか見た事ないし、強さを発揮する場面を見た事あるのはtri

レーンの時くらいだ。

paのsupportとしてははっきり言って微妙であり、あのピック状況でsdピックする当たり

中の人も微妙だった。



こんな内容で3連敗を引いた。

その後ロスしたレートは取り戻しはしたけど、立て続けに連敗するとさすがに堪える。

2連くらいならまだしも、3連はさすがに反省しなければね。

チーム構成?アンチピック?レーニング?立ち回り?状況判断?

違う違う。

未だにTOEICの勉強をしていなかった事に。

https://secure2.gaba.co.jp/pclp_ss.html?s=11&t=19&ns=12&nt=22&wapr=52fc7b97



おしり
カテゴリ: Dota2

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。