Beplocks @ Playメモ

あいつがプレイしたゲームの軌跡

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --

 

弓攻撃のプチテク

2009.07.14/Tue/12:48:30

※ちょい訂正【14:57】

みなさんおはようごぜうます。
今日は日本AION初のメンテ日になってますが、早いものでOBT開始からもう1週間ですか・・・
今週が終われば来週の月曜日はお休みなので3日間ぶっ通しで遊べる!
アビスキーのクエストも既に終わってるんでいつでも炎の神殿いけるぜええw

ちなみにメンテ終わってから起動したサーバーってNMとかはリポップし直すんですかね?
Lineage2はしなかったらしいんですが、AIONはどうなんだろう・・・?


えー本日の記事では弓攻撃によるプチテクをご紹介します。
つっても既出ネタorそんなの当たり前レベルかもしれんけど・・・w

【前置き】
ソードウィングをプレイしてる人なら一度くらいは弓武器を使ったことあると思います。
その用途は主に「釣り」(遠距離の敵に1発攻撃して敵をおびき寄せること)として使っている方が
多いんですが、これをダメージソースとして使う方は恐らくそんないないはず。多分・・・

AIONっていうゲームは「自動攻撃」が可能で、多くの方はコレを使ってオート攻撃をしつつスキルを織り交ぜたりしてダメージを与えてます。
そしてAIONでは通常攻撃時や大体のスキルを発動しても「移動」が同時に行なえるのでちょろちょろ動き回りながら敵を倒すこともできる。アクション性が高いとは言いませんがやってて面白いですw
中には「移動バフ」の「前方移動」を常に発動させながら敵を倒す人だっています。
んでこの「移動」と「自動攻撃」の関係性(?)について・・・

【事前確認】
AIONでは敵をターゲットして「自動攻撃」を行なうとキャラが勝手にモンスターに向かって距離を詰めて自分の武器の射程に敵が入った時点で「自動攻撃」を行ないます。(オプションでこれを無効にも出来る)
この「自動攻撃」中はスキルを発動しても「自動攻撃」は維持されますが、特定の条件で解除される

それが
キャラクターの前方向に敵がいない
場合です。

例えば、「自動攻撃」を行い、敵を攻撃している最中にキャラクターを前に移動させて相手の背へ移動する。そうすると敵に背を向けた状態になります。この時に「自動攻撃」は解除され、再びキャラクターの向きを敵の方向に変えないとオート攻撃をしてくれません。

まずはこの仕様を認識しておきましょう。

どんなにちょろちょろ敵の周りをうろちょろしても、実際はキャラクターの向きが敵の位置している方向を向かなければオート攻撃をしていないのです。
しかし「スキル攻撃」を行なえば自動で相手の方向にキャラクターの向きが変わります。これをすることで瞬時にキャラクターの向きを敵の位置している方向に変えることができるのです。

んでは本題w

【プチテクとは?】
弓武器は本来ボウウィングの武器です。彼らは通常攻撃とスキル攻撃を織り交ぜるスタイルを取っており(スキルだけでもやれる?)「自動攻撃」でオート攻撃を発動させ、距離を取りつつジャンプを利用したスキル硬直カット(笑)をして敵を倒します。
ボウウィングは距離を取るために相手に背を向けながら逃げても「スキル攻撃」の射程内なら「スキル攻撃」を行なうことで瞬時にキャラクターの向きを敵の方向に向けさせてることができる。

なのでボウウィングの方はこのプチテクの必要性があまりない。というか自然に会得してる人もいる。
ていうかそもそも「スネア」(鈍足)入れられるので簡単に距離が開けられるし・・・


しかし、ソードウィングでこのプチテクを知っていると狩りでもPvPでも役に立ちます。ハズw

まず事前確認での仕様を把握しましょう。
ソードウィングは弓武器で扱える「攻撃スキル」がほとんどありません。ですので弓攻撃をダメージソースとして使うにはほぼ通常攻撃しか手段がない。しかし弓武器本来の利点である「射程25m」を維持するにはどうしても「逃げ」姿勢にならないと敵はどんどん距離を詰めてきます。

ここで「逃げ」姿勢ということは「相手に背を向ける」ということになるのはお分かりでしょうか?

ソードウィングは弓で扱える「攻撃スキル」がほぼないので、「逃げ」姿勢からいわゆる「引き攻撃」ができないのです。通常攻撃を行なうにはキャラクターの向きを敵のいる方向に変えなければいけません。
向きを変えるには一瞬立ち止まって「自動攻撃」を押して1発分打つとか、移動しながらちょくちょく相手の方向にキャラクターを移動するといった手段がありますが、どれも「逃げ」という行動において「ロス」が生じるわけです。
だからソードウィングでは弓武器によるダメージソースが作りにくいので、不向きに感じるのです。


しかし、「逃げ」行動を完全に維持しつつ弓の通常攻撃が行なえるのなら?


それが今回のプチテクになるのです!!(前置きが長すぎるって?w)

やり方は至って簡単です。
以前紹介した小ネタ記事の「ジャンプ方向転換」というのを覚えていますか?
これを利用することで「逃げ」行動を完全に維持しつつ弓の通常攻撃が可能になります。

ちょっと記事の内容を転記します。
>>AIONではシャドウのような背後判定で威力が上がるようなスキルがある。てかそれしかないか・・・
>>んでこのネタでは逃げながらも背後を取られないようにするというネタをメモメモ。
>>キャラの方向転換をする際はカメラ視点を変えて向きたい方向を決めてキャラを移動させるのが
>>基本です。シャドウと対峙した時に背後を取られないようにするには普通に正面でガチ殴りすれば
>>取られることはないですが、こちらがちょっとやばいかも?と逃げ体制に入ると背中丸腰で逃げます
>>が、この時に逃げつつも背後を取られないようにするのが「ジャンプ方向転換」!
>>逃げる方向にジャンプしつつカメラ視点を背後に向けて前移動キーを1回ぽちっとすると、ジャンプ
>>中にキャラの方向を変えることが可能。方向を変えてもジャンプ慣性が残るので背後を取られずに
>>逃げ移動が可能という小ネタです。 まぁ実際実用があるかと言われると・・・ないかも・・・?w

長ったらしかった前置きで結構説明できたと思うので、もう想像がついた方もいますよね?w

「逃げ」姿勢中に「ジャンプ方向転換」でキャラクターの向きを敵に一瞬向けることで弓の通常攻撃が行なえる。これを利用すればキャラクターの移動速度と同じモンスターでも無傷で狩りすることが可能になります。
さらにPvPで「逃げ」姿勢を維持しつつ弓の通常攻撃が可能になるので、さながら―
近接職を追いかけてるのにDOTダメージを受ける
(ソードウィングの素の基礎ダメが高い弓通常攻撃)

事になり、クリティカルが出ればノックバックスタンも入るのでカウンターも行なえるのです。


いかがですか!ソードウィングだってやればきっと出来る子なんですよ!
てか普通にプレイしてる間に理解できてる人なら利用してる人もいると思いますけどねw
知っていて損は絶対ないプチテクなので是非お試しあれ~
スポンサーサイト
テーマ: AION
ジャンル: オンラインゲーム

 

デュアル装備時のスキルダメについて訂正

2009.06.27/Sat/20:56:56

マジでごめんなさい・・・

ちゃんと計測したつもりだったのですが、爪が甘かったようです・・・OTL

以前から俺が
デュアル装備時のスキルダメージは右手武器依存
と書いてましたが、これ違ってました。


正しくは
デュアル装備時のステータス表記に書いてある
2つの攻撃力の高い方依存

っぽいです・・・。

しかしあくまで「ステータス表記に書いてある攻撃力」の高い方依存なので、右手にダガー左手にメイスくらいの武器攻撃力の差が無い限り、たいていは右手の攻撃力依存になると思います。
武器の攻撃力ではなくて、デュアル装備時のステータス表記にある攻撃力ね!
※左手に装備した武器の攻撃力は下方補正が入ります。


まぁ自分のBLOGでは普通に「右手依存」と限定した書き方をしてましたので・・・
調べるきっかけを作ってくださった「がゆs」ありがとうございました!w

 

ソードウィングぷちテク?

2009.06.27/Sat/20:41:48

いやー俺ってばゲームの流れより仕様や考察、使えるかどうかもわからない自称「テク」を
考えてばっかだよw なんか中国鯖でやってる意味がないんじゃ・・・

今日は割りと使いやすいめくりアンガーを書いてみます。
前に書いた記事でシャドウウィングの「めくりロア」と同じような奴です。

まず「アンガー」と言ってるのはスキル「アンガー ストライク」のことを指してます。
コイツはビースト ロアと同様に発動するとスキルモーション中は移動不可になり、スキルモーションが
終了しないと移動することはできません。しかし、このスキルは発動と同時にジャンプをすることが可能なのでジャンプ慣性(ジャンプすると同時に移動キーを入れることで、その方向に向かって移動しながらジャンプすること)を利用し、スキル発動対象に向かって前ジャンプをして対象を「めくる」ようにスキルモーションが発動し、移動することができます。

hutuunoanga-.jpg
これはその場で発動した場合の普通の「アンガー ストライク」

mekurianga-.jpg
なんか変なダッシュ線が入ってますが、これがジャンプ慣性を利用した「めくりアンガー」

この「めくりアンガー」の利点について―
「アンガー ストライク」はどの武器でも発動できる派生スキルで、一定確立で対象を「転倒」状態に出来る効果があります。んでこの転倒状態の敵限定に打てるスティグマスキル「ダウン ブロー」ってのを決めれば高ダメージの追い討ちが可能になります。しかし、対象に「アンガー ストライク」を発動する時の「対象との距離」が若干離れていると、追い討ちとなる「ダウン ブロー」がうまく入らない時がある。うまく入らないと言っているのは発動条件である「転倒状態」が、対象との距離が離れていると近づくまでにそれが解けてしまい、「ダウン ブロー」が発動できない時があるということです。
そこで「めくりアンガー」を使えばかっこいいモーションで相手との距離を詰めることが出来て、そして相手が「転倒状態」になればすぐに追い討ちスキル「ダウン ブロー」が撃てるということです。

























・・・普通にアンガー打つ距離詰めればいいじゃんjk

























と、思ってるそこのあなた。
まだ続きがあります。

タイミングが少し難しいですが、この「めくりアンガー」のもう一つの利点を・・・
実は「スキルの発動と同時にジャンプして移動」の部分に「移動バフ判定」を発生させることが可能で、これがうまく発生できれば高威力の「ダウン ブロー」のダメージが発動時にアップできるわけです。

mekurianga-riten.jpg
mekurianga-riten2.jpg
成功時のSS、運悪く相手は転倒状態にはなってませんが・・・OTL

なんかかっこいい
ダウン ブローが決まりやすい
めくり後に前方移動バフが残る

これら三つの利点がある「めくりアンガー」、興味のある人はぜひ練習してみてちょ!

※これは相手に向かって前に移動してますが、別にどの方向でも構いません。要はジャンプ利用してスキル発動中は移動不可になってしまうのを、強引に移動させてるだけですので・・・w
ただ前方向に移動することで前方移動バフが発生し、転倒状態になれば相手は後ろ方向に倒れて、めくった後ならかなり近い位置に移動できるという二つの点があったので、相手に向かってジャンプするようなテクとして紹介しました。
テーマ: AION
ジャンル: オンラインゲーム

 

小ネタとかいろいろ

2009.06.23/Tue/20:43:55

キャラSSうぷしたらきもいとかいわれたwww
1週間ROMります・・・OTL
追記:てかレシピ見直したら普通に失敗してた箇所あった@@;

と本題へ~

小ネタその1「ジャンプ方向転換」
AIONではシャドウのような背後判定で威力が上がるようなスキルがある。てかそれしかないか・・・
んでこのネタでは逃げながらも背後を取られないようにするというネタをメモメモ。
キャラの方向転換をする際はカメラ視点を変えて向きたい方向を決めてキャラを移動させるのが
基本です。シャドウと対峙した時に背後を取られないようにするには普通に正面でガチ殴りすれば
取られることはないですが、こちらがちょっとやばいかも?と逃げ体制に入ると背中丸腰で逃げます
が、この時に逃げつつも背後を取られないようにするのが「ジャンプ方向転換」!
逃げる方向にジャンプしつつカメラ視点を背後に向けて前移動キーを1回ぽちっとすると、ジャンプ
中にキャラの方向を変えることが可能。方向を変えてもジャンプ慣性が残るので背後を取られずに
逃げ移動が可能という小ネタです。 まぁ実際実用があるかと言われると・・・ないかも・・・?w

小ネタその2「めくりロア」
今更シャドウの思いつきのネタを書いとく。
まず「ロア」っていうのはシャドウのスキル「ビースト ロア」のことです。
このスキルはパターンを5つまで刻むことができるスキルで、HIT時に若干のノックバック効果もある。
ビースト ロアはスラッシュのような移動可能スキルではないのですが、発動と同時にジャンプすること
でジャンプ移動が可能になります。

mekuri1.jpg
mekuri_1.jpg
見難いですが一応空中で蹴ってますw

こいつを利用してノックバックの硬直中に相手の背後へ移動する―
ビースト ロア発動→直後に対象に向かってジャンプ→空中ロア(めくり)→背後に着地
この一連の流れを勝手に「めくりロア」と命名しました。格ゲーで同じようなのあるし!

mekuri2.jpg
mekuri_2.jpg
めくりロア

mekuri_3.jpg
背後着地でサドーン!

まぁ魅せコンボといわれるかもしれませんがw ロアは派生スキルもあり、たしか全部ノックバック
あったと思うので飛び蹴り→サマソーとかできるかも?
個人的には対人などで一連の動作が決まればかっこいいし、手軽に背後取れるかも?と思ってます。
あと移動速度が速いとジャンプ移動も早いのでめくりロア全体の速度もUPするはず!
だから素早くめくりロアもできてノックバック硬直中に背後スキルへの繋ぎもやりやすくなるかな?
たぶん・・・
テーマ: AION
ジャンル: オンラインゲーム

 

最近わかった事

2009.06.23/Tue/12:26:12

6_22_01.jpg

ソードウィング育成し始めて実質4日目くらい?Lvも23になるところです。
Lv20スティグマの「トゥーハンドマスタリー」(名前違うかも)を付けて「ソードxダガー」装備で
狩りしてたんですが、二刀流にした際の各ステータスはどのように反映されているのか?
そもそも二刀流の恩恵ってスロット確保や火力上げ以外にあるのか?とかそういう疑問が
出てきたので自分なりに調査してみた。

■二刀流にした際の各種ステータスの計算
二刀流は2本の片手武器を装備した場合の戦闘スタイル。2本武器を装備する場合の「命中」や
「クリティカルヒット」などの各種ステータスはどのように計算されているのか。

答えから言うと
恐らくですが「右手に装備した武器」の性能が反映されていると思います。

とりあえず物理職なんで、「クリティカルヒット」について検証しました。

▽検証内容
「100回攻撃してみて、クリティカルの出た回数をカウントして各装備パターンごとに比較」

▽検証に使う武器
すべて初期村に販売されている一番安い武器

▽検証する際の対象MOB
初期村にたたずんでいる「カカシ君」


実際にやってみた(棒読み)


カカシ相手に100回通常攻撃をし、クリティカルが発生した回数は―
装備パターンその1 「右手ソード x 左手ダガー」 → 8回
装備パターンその2 「左手ダガー x 右手ソード」 → 16回
装備パターンその3 「右手ソード x 左手ソード」 → 9回
装備パターンその4 「左手ダガー x 右手ダガー」 → 14回

複数回やってみても大して大きな変化はなかったので、恐らく
「二刀流時のクリティカルヒット数値は右手装備依存」という答えになりました。


続いて二刀流時の「命中率」について―

▽検証内容
「回避職の方にデュエルを申込み、各装備パターンで殴ってみてどのくらい当たるか」

▽検証に使う武器
初期村に販売されている初期武器(命中補正なし)
Lv19ソード、ダガー

▽検証する際の対象者
Lv20台のイケメンシャドウさん

※相手様のお時間をあんまり取るわけにもいかなかったので、細かい殴った回数とかはカウントなし

複数回イケメンシャドウを殴ってみて体感の命中率は―
装備パターンその1 「右手Lv19ソード 左手初期ソード」 → 7割
装備パターンその2 「右手初期ソード 左手Lv19ソード」 → 2割弱
装備パターンその3 「右手初期ソード 左手初期ソード」 → 2割弱
装備パターンその4 「右手Lv19ソード 左手Lv19ダガー」 → 7割

かなり信頼性にかけるような結果ですがw
二刀流時の命中率も右手武器依存という結果になりました。
本当はもっと細かいデータを用意したかったんですが、まぁ機会があればそのうち・・・OTL

ちなみにソードウィングは鈍器類も持てるので「魔法増幅力」の数値も上げることができます。
んで鈍器は片手武器なので「トゥーハンドマスタリー」を持っていれば鈍器x鈍器なんてのも・・・
鈍器x鈍器にしてみてステータスを見てみると「魔法増幅力は合算ではなく右手武器の数値」になって
おりました。なので「命中率」や「クリティカルヒット」もたぶんそうじゃないかなーと!


■二刀流時の攻撃力とか
二刀流にすれば単純に攻撃力が上げられます。しかし注意してほしいのは攻撃力が上がるのは
「通常攻撃」のみでスキルダメージには反映されない所。うん・・・たぶん反映されてない・・・
まず二刀流時と片手時でスキルの詳細を見てみると、ダメージ量が変わっていないと思います。
もちろんハルバードにしてみるとそのダメージ量は上がります。しかし二刀流でも片手でも変化は
ありません。自キャラの攻撃スキルのみで特定のMOBのHPを削ってみましたが、ここでも二刀流
と片手では大した差はありませんでした。

なので二刀流にしても火力が上がるのは「通常攻撃時」のみでスキルダメージはここでも
「右手武器の攻撃力ベース」ってことになりました。

では次に二刀流時のダメージ計算ですが、これは至って単純です。
ステータス内に移っている攻撃力分の合算です!ただ「左手武器」は本来「右手」で装備したとき
より若干下方補正が入ります。大体が「左手に装備した武器の最小ダメ」らへんが適用される?
だから左に「ダガー」なんてもっても火力上げにはまったくなりません。高めのダメ+やクリ+のOPが
あったり、魔石スロットが全部いいもので埋まってたりしてるなら話は別ですが・・・
ちなみに各武器のパッシブスキルであるマスタリーなどは右手武器しか適用されません。
左手の攻撃力が少し低いのはこの原因もありますよっと

こうしてみるとスキルが単純に強いシャドウなどは別に片手でも変わらないってことですよねw
もち魔石のスロット数を稼ぐために二刀流にしたほうが強いのですが・・・

火力を上げるなら断然「トゥーハンドマスタリー」って思ってたけど、こういうことが分かると装備する
武器のパターンなどで火力以外のキャラスペックも上げ下げできるのかと思った・・・



余談ですがオレが今一番熱いと思ってるのは断然「鈍器x鈍器」ですw

ダメージ高い、コストも安そう、むしろスキルダメより通常ダメのが上!
命中もかなりあるし、魔法関連のステも上がるからデバフ成功率にも影響があるかもしれない・・・!

日本鯖が開始したら鈍器x鈍器マスターめざすよ!!
テーマ: AION
ジャンル: オンラインゲーム

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。